第5回  

”オファーを勝ち取る”

2015/08/19

留学先の選び方

伊澤 大介

​留学先:

Gurdon Institute, University of Cambridge, United of Kingdom

​イギリス

2015/08/19

私が米国で思う事。

大賀 嘉信

​留学先:

和光純薬工業株式会社(アメリカ)

​アメリカ

2015/08/19

アメリカで研究するということ

小山 幸子

​留学先:

Indiana University, Medical Science Program研究准教授

​アメリカ

​2015/08/19

ポスドクからの留学先の選び方

長田直樹(北海道大学大学院情報科学研究科)

​留学先:

シカゴ大学(アメリカ)

​アメリカ

2015/08/19

留学先の選び方

北島 智也(理研CDB染色体分配研究チーム、チームリーダー)

​留学先:

Jan Ellenberg研究室、European Molecular Biology Laboratory、ハイデルベルク(ドイツ)

​ドイツ

2015/08/19

北米の研究室でバイオインフォマティクスの研究者として働き始めるには

斎藤 輪太郎

​留学先:

Project Scientist Department of Medicine, University of California, San Diego, La Jolla, California, USA.

​アメリカ

2015/08/19

将来の独立のために役立つことを

中村 崇裕

​留学先:

テクニオン(イスラエル工科大学)(イスラエル)

​イスラエル

2015/08/19

留学先の選び方

本間 和明

​留学先:

大学院生時代:Department of Physiology, University of Massachusetts Medical School (Worcester, MA USA)

​アメリカ

2015/08/19

留学先の選び方:留学希望を公言して紹介を得る

的場 章悟

​留学先:

Harvard Medical School, Boston Children’s Hospital

​アメリカ

2015/08/19

Post-doctoral training先の選び方

南嶋 洋司(慶應義塾大学医学部医化学 講師 / JST, ERATO, 末松ガスバイオロジープロジェクト グループリーダー)

​留学先:

2002~2004: Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA, U.S.A.
2004~2010: Howard Hughes Medical Institute, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, MA, U.S.A.

​アメリカ

2015/08/19

留学夜話~留学先の選び方

宮道 和成(東京大学大学院農学生命科学研究科 特任准教授)

​留学先:

Stanford大学(アメリカ)

​アメリカ

Sponsors
JST.jpg
cmn_logo.png
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

© 2019 by United Japanese researchers Around the world created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy