シドニー日本人研究者会

ビクターチャン心臓病研究所

中山 義敬


シドニー日本人研究者会は、オーストラリアで唯一の日本人研究者のコミュニティです。2012年に生物および医学系の研究者が集まって小さな交流会を開いたことに始まり、現在では様々な分野の研究者が参加するようになりました。研究の情報交換だけでなく、シドニーで暮らす上での悩みごとなども共有できる場所となっています(交流会の写真)。現在COVID19の影響で定期的に開催していた交流会を開くことができずに活動が大きく制限されていますが、この場で今後の活動予定を紹介します。


近年、オーストラリアでは科学・技術分野で日豪交流を促進していこうという動きがみられるようになり、2016年には日本学術振興会のJSPSフェローの同窓会組織 Japan Society for the Promotion of Science Alumni Association in Australia(JSPSAAA)が設立されました。昨年首都キャンベラで開かれた年次シンポジウムでは当会から演者を派遣する機会に恵まれました。来年のシンポジウムはシドニーで開催予定ですので、当会から多くの日本人研究者の参加を!と考えています。日豪の科学技術における交流を通じて活動の幅を広げ、世界の研究者ネットワークに貢献できるようにしたいです。

2019年のシドニー日本人研究者会の交流会、シドニーCityの日本食レストランにて

急激に国際情勢が大きく変わってしまいましたが、我々研究者にとって海外留学が研究生活において大きな価値を生むことに変わりはありません。過去にはUJAが主催している分子生物学会の「留学のすゝめ」シンポジウムにて、シドニーにおける留学の体験談を報告させてもらいました。今後もこのような機会を通じて、北米や欧州等への研究留学とは異なるオーストラリアへの留学の魅力や失敗談(?)などをシェアしたいと考えています。







最後に2020年9月現在、COVID19の影響でオーストラリアに限らず、海外留学はとても厳しい状況にあります。今後留学を検討される方にとって多くの不安材料があることと思いますが、当会としてお手伝いできることがありましたら幸いです。気軽にujasydney@gmail.comまでご連絡ください。


著者略歴:中山 義敬。シドニー日本人研究者会現世話人。

連絡先:ujasydney@gmail.com 研究者会HP