第8回  

”留学後も未来へ羽ばたくために”

2015/11/19

留学は人生への投資? 〜シカゴで見つけた6つの適応力〜

久保田 智哉(シカゴ大学 生化学・分子生物学)

​留学先:

-

-

​2015/11/19

留学のその先は?

服部 峰充(東北大学工学研究科 特任助教)

​留学先:

The University of Chicago (アメリカ合衆国)

​アメリカ

2015/11/19

夫婦二人三脚のボストン留学

中川 草(東海大学医学部)&中川 春菜

​留学先:

Department of Organismic and Evolutionary Biology, Harvard University(米国マサチューセッツ州)

​アメリカ

​2015/11/19

「先生、ただ今戻りました」

松井 稔幸

​留学先:

Broad Institute of MIT and Harvard(アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

ムラビトを遠き南の島に向かわせたもの

三田 貴臣(Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore)

​留学先:

Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School

​アメリカ

2015/11/19

環境、興味、たまに空転、研鑚、そして今後。

藍原 祥子

​留学先:

ネスレ研究所(Nestlé Research Center)スイス、ローザンヌ市

​スイス

2015/11/19

生涯サイエンティストとして成功することとは

池田 史代 (IMBA,ウィーン)

​留学先:

​ゲーテ大学 生化学第二講座 (フランクフルト)

​ドイツ

2015/11/19

留学中常に頭をよぎる2つのこと

柏木 哲

​留学先:

Vaccine & Immunotherapy Center, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School

​アメリカ

2015/11/19

君の頑張りは僕らの励み

五十嵐 和彦(東北大学大学院医学系研究科生物化学分野)

​留学先:

米国シカゴ大学

​アメリカ

2015/11/19

ポスドク研修後も未来に羽ばたくために

荻野 周史(ダナ・ファーバー癌研究所、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院、ハーヴァード大学医学大学院病理学教授およびハーヴァード大学公衆衛生学大学院疫学部教授)

​留学先:

ペンシルバニア医科大学(現ドレクセル大学)アレゲニー総合病院病理学科研修医(1995〜1997) ケースウェスタンリザーヴ大学病理学科研修医(1997〜1999) ペンシルバニア大学分子病理学クリニカルフェローおよびポスドク研究員(1999〜2001)

​アメリカ

2015/11/19

研究だけじゃない、留学中だからこそできることを見つけてやってみよう

照沼 美穂(Department of Neuroscience, Psychology and Behaviour, University of Leicester, United Kingdom)

​留学先:

University of Pennsylvania (Philadelphia, USA) 
Tufts University (Boston, USA)

​アメリカ

2015/11/19

ある外科医の留学回想録

森 正樹(大阪大学大学院消化器外科)

​留学先:

New England Deaconess Hospital(NEDH) (アメリカ)
Dana-Farber Cancer Institute(DFCI) (アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

“Don’t be trapped by dogma”〜人生とは、生きる価値とは〜

山下 由起子(Life Sciences Institute, University of Michigan) 

​留学先:

Stanford University School of Medicine(アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

留学後未来へ羽ばたくためのアドバイス

高部 和明 米国バージニア州立大学医学部腫瘍外科・生化学 准教授

​留学先:

The Salk Institute (Wylie Vale教授研究室)

​アメリカ

2015/11/19

留学を決める時、帰国を決める時、その後のキャリアを決める時

塗谷 睦生(慶應義塾大学医学部)

​留学先:

Johns Hopkins University(アメリカ),Columbia University(アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

海外でラボを持つという選択

木全 諭宇(Department of Genetics, University of Cambridge) 

​留学先:

Marie Curie Research Institute(イギリス)
University of Cambridge(イギリス)

​イギリス

2015/11/19

海外PIになるために知っておいて損は無い十項目

八代 健太 (ロンドン大学クイーン・メアリ校 バーツ&ロンドン医歯学校)

​留学先:

ロンドン大学クイーン・メアリ校 バーツ&ロンドン医歯学校(イギリス)

​イギリス

2015/11/19

留学後も未来へ羽ばたくために 〜海外でPIのオファーを勝ち取るための準備〜

平林 享 (MRC Clinical Sciences Centre, Imperial College London) 

​留学先:

マウントサイナイ医科大学 (アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

10年後を見据えて

赤木 紀之(金沢大学 医薬保健研究域医学系 再生分子医学)

​留学先:

シーダスサイナイ医療センター、UCLA医学部(アメリカ)

​アメリカ

2015/11/19

留学後も未来に羽ばたくために〜米国での大学院留学、独立の経験から〜

行川 賢(シンシナティ大学・シンシナティ小児病院) 

​留学先:

ハーバード大学医学部/マサチューセッツ総合病院

​アメリカ

2015/11/19

留学後の独立を目指して〜アメリカでの独立はハイリスク・ハイリターン

小林 弘一(テキサスA&M大学医学部教授)

​留学先:

イエール大学医学部(アメリカ)

​アメリカ

2014/09/29

英語の上達

井上 尊生

​留学先:

Department of Cell Biology, The Johns Hopkins University School of Medicine

​アメリカ

2014/09/29

ボストン留学記 – 企業研究者の立場から

吉田 卓(エーザイ(株)オンコロジー創薬ユニット)

​留学先:

Dana Farber Cancer Institute (Boston, USA)

​アメリカ

Sponsors
JST.jpg
cmn_logo.png
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

© 2019 by United Japanese researchers Around the world created with Wix.comTerms of Use  |   Privacy Policy